競馬のマイルとは何メートル?距離別に代表的な競走馬一覧もご紹介!

競馬のマイルとは何メートル?距離別に代表的な競走馬一覧もご紹介!

 

『マイルって言葉をよく聞くけど、マイルって何のこと?馬の名前なの?』

 

競馬をやっていると『マイル』という単語をよく耳にしますよね。

 

  • マイルやスプリントってなに?
  • 距離別の代表的な馬を知りたい
  • レースの条件とは?

 

このように、気になることがたくさんあるのではないでしょうか?

ということで今回は、『競馬のマイルとは何メートル?距離別に代表的な競走馬』について詳しくご紹介していきます。

 

競馬をやるうえでとても大切な知識となる『距離』。

予想にも絶対的に必須となる要素の1つですので、是非今回ご紹介する内容を覚えて頂ければと思います!

 

競馬のマイルとは何メートル?短距離、中距離、長距離の違いを解説!

競馬のマイルとは何メートル?距離別に代表的な競走馬一覧もご紹介!

 

競馬のマイルとは一体何メートルなんでしょうか?

短距離・中距離・長距離の違いは何?

 

このような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

それでは、まずマイルというものが何なのか覚えていきましょう!

 

そして距離毎の違いにも触れていきたいと思います。

 

マイルは何メートル?

 

マイルって一体なんのことなんでしょうか?

結論から言うと、マイル=距離になります。

 

距離というと、日本では一般的にメートル(m)を使用することが多いです。

アメリカでは、一般的にマイルが使用されています。

 

そして1マイルの距離は約1600mになり、これが実際に競馬で使用されているのです。

日本で行われている1600mのG1競走は沢山ありますが、その中でもマイルチャンピオンシップやNHKマイルカップ、ヴィクトリアマイルなど、レース名にマイルが入る競走も多くあります。

 

そしてマイルと似たようなもので、スプリントというのも存在します。

スプリントは短距離という意味です。

 

競馬では1600mも短距離寄りのレースにはなりますが、1600mにおいてはマイルという共通認識があります。

その為、スプリントというのは主に1600m以下のレース、主に1200mなどの事を指すのです。

 

距離毎の違いについて

 

競馬には沢山の距離のレースがありますよね。

一般的な距離は、1000m・1200m・1400m・1600m・1800m・2000m・2200m・2400m・2600m・3000m・3200m・3600mです。

 

この他にも細かい距離のレースも多数存在しています。

そしてこれらの距離を大まかなジャンルに分けてみましょう。

 

短距離は、1000m・1200m・1400m・1600m。

中距離は、1800m・2000m・2200m・2400m。

長距離は、2500m以上

という風に分けることが多いです。

 

2400m~2600mあたりを中長距離と分ける場合もありますが、基本的には、上記の分け方で大丈夫でしょう。

では、この距離毎の違いとは何があるんでしょうか?

 

そもそも距離が違うというのは、みなさんお分かりですよね。

じゃあ何が違うのか?

 

それは走る馬のタイプが違うんです。

人間にもそれぞれ個性があるように、馬にもそれぞれ個性があります。

 

他の馬よりも速く走れる馬だったり、速く走るのは得意ではないけどスタミナは豊富な馬など沢山です。

短距離というのは、基本的にスピードの速さがとても大事になります。

 

その為、1200mというのはスピードの基礎能力が高い馬が多いです。

そして中距離では、スピード・スタミナのバランスの良さが大切になります。

 

短距離のようなスピード決着になったり、長距離のようなスタミナ勝負、どちらにも対応出来る必要があるのです。

長距離では、短距離・中距離よりも高いレベルの心肺能力が求められます。

 

ですので、長距離では速さというのはあまり重要視されず豊富なスタミナが大切です。

このように距離毎に出走して来る馬の特徴がある程度分かれています。

 

競馬のマイル最強はどの馬?距離別に代表的な競走馬一覧をご紹介!

競馬のマイルとは何メートル?距離別に代表的な競走馬一覧もご紹介!

 

ここまで『マイル』についてご紹介いたしました。

もうみなさんマイルというのが何か完璧に理解されていると思います。

 

距離についての知識が深まった所で、みなさん知りたいことがあるのではないでしょうか。

歴代マイル最強馬、そして各距離毎の代表馬はどの馬?

 

凄く気になりますよね。

ということでここからは、各距離毎の代表馬についてご紹介していきます!

 

歴代マイル最強馬

 

歴代マイル最強馬はどの馬なのでしょうか?

まずは候補になり得る馬を探してみます。

 

①アグネスデジタル→主な勝鞍、フェブラリーS・安田記念・マイルCS・南部杯・天皇賞秋・香港カップ。

 

芝・ダートのマイルG1を制しておりまさにマイルのスペシャリスト。

それでいて中距離の最高峰、香港カップ・天皇賞秋までも制覇していますから物凄い馬です。

 

②ダイワメジャー→主な勝鞍、皐月賞・天皇賞秋・マイルCS(2勝)・安田記念。

 

アグネスデジタル同様にマイルから中距離で大活躍しました。

種牡馬としても非常に優秀で、たくさんの産駒が活躍しています。

 

③タイキシャトル→主な勝鞍、マイルCS(2勝)・安田記念・スプリンターズS・ジャックルマロワ賞。

 

この馬の凄い所は、1600m(マイル)のレース勝率が驚異の100%という所です。

マイルでは負けたことが無いというのは、まさに最強馬としてふさわしいのではないでしょうか。

 

④グランアレグリア→主な勝鞍、マイルCS(2勝)・ヴィクトリアマイル・スプリンターズS・安田記念・桜花賞。

 

牝馬ながら牡馬相手に圧巻の勝利の連続でマイル女王に君臨していました。

勝ちっぷりが物凄いため、度肝を抜かれたファンの方も多いでしょう。

 

安田記念では、名牝アーモンドアイに勝利しています。

 

⑤モーリス→主な勝鞍、安田記念・マイルCS・チャンピオンズマイル・香港マイル・天皇賞秋・香港カップ。

 

3歳時はパッとしない成績でしたが4歳になって一変。

年明け初戦を勝つとチャンピオンズマイルまで7連勝の快進撃を収めます。

 

この7連勝中4つがG1競走という、まさにとんでもない飛躍を成し遂げました。

引退前の2レースでは中距離の2000mにもシフトし、見事連勝で有終の美。

 

誰もが認めるマイル王なのは間違いないでしょう。

 

これで5頭が候補として挙がりました。

この5頭の中で、歴代マイル最強馬はどの馬なのか?

 

ズバり歴代マイル最強馬は、『モーリス』です。

タイキシャトル・グランアレグリア・アグネスデジタル・ダイワメジャー、もちろん最強なのは間違いないでしょう。

 

しかし総合的に見てモーリスの圧倒的なスピードは、やはり強力です。

着差に派手さこそ無いですが、ゴール直前で計算されたかのように差し切るというのは中々出来ません。

 

それを毎レースやるのですから相当な器ですよね。

タイキシャトルと僅差ではあると思いますが、歴代マイル最強馬はモーリスとさせて頂きます。

 

短距離の代表的な競走馬

 

ここからは短距離の代表馬を簡単にご紹介していきます。

 

  1. ロードカナロア
  2. グランアレグリア
  3. カレンチャン
  4. キンシャサノキセキ
  5. ダイワメジャー
  6. デュランダル
  7. タイキシャトル

 

歴代最強スプリンターのロードカナロアを筆頭に、ロードカナロアの最大のライバルであるカレンチャン、先ほどご紹介したタイキシャトルやグランアレグリア。

ダイワメジャー、キンシャサノキセキ、デュランダルも短距離の代表的な競走馬であると言えるでしょう!

 

中距離・長距離の代表的な競走馬

 

続いては中距離・長距離の代表馬をご紹介していきます。

 

  1. トウカイテイオー
  2. ダイワスカーレット
  3. マヤノトップガン
  4. シンボリルドルフ
  5. リスグラシュー
  6. メイショウサムソン
  7. メジロマックイーン
  8. スペシャルウィーク
  9. オグリキャップ
  10. ナリタブライアン
  11. アパパネ
  12. ゴールドシップ
  13. ブエナビスタ
  14. オルフェーヴル
  15. ジェンティルドンナ
  16. ウオッカ
  17. キタサンブラック
  18. アーモンドアイ
  19. ディープインパクト
  20. テイエムオペラオー

 

中距離・長距離になるとこれだけ多くの代表的な競走馬がいるのです。

他にも沢山の代表馬がいますが、相当な数ですので今回は省略させて頂きます。

 

誰もが知っているディープインパクトを筆頭に、最強牝馬アーモンドアイ、キタサンブラック、オルフェーヴル。

年間無敗の最強馬テイエムオペラオーなど。

 

このメンバーでの東京2400mが見てみたいですよね!

 

競馬レースの構成要素はマイルだけじゃない!「ランク・条件」とは?

競馬のマイルとは何メートル?距離別に代表的な競走馬一覧もご紹介!

 

競馬においてレースを構成している要素は沢山存在します。

今回、マイルという言葉を中心にご紹介してきました。

 

ここからはレースを構築する要素について分かりやすくご紹介していきます!

 

距離だけじゃないレースの構成要素

 

レースを構成している要素として大きなものが『距離』になります。

ですが距離だけではないんですね。

 

レースを構成する要素は沢山あります。

 

  1. 天候
  2. 馬場状態
  3. コース
  4. 距離
  5. 出走馬
  6. ハンデ
  7. 枠順
  8. 騎手
  9. 展開
  10. クラス

 

これらが全て合わさって1つのレースが生まれるのです。

ですので、騎手や出走馬ももちろん大切なことに変わりないですが、普段あまり気にしていない他の要素の方がとても重要です。

 

その為、予想方法などを1パターンで絞るのではなく、競馬をやる上では、すべての方向から幅広く考えていきましょう!

 

レースにはクラスや条件がある

 

先ほどレースを構成する要素をご紹介致しました。

その中の1つに、クラスというものがありましたよね。

 

このクラスとはなにか?

競走馬のレベルを一瞬である程度把握できる要素でもあるので是非覚えて下さい。

 

競走馬には、クラスがあります。

新馬・未勝利→1勝クラス(旧500万下)→2勝クラス(旧1000万下)→3勝クラス(旧1600万下)→オープンクラスと大きく5つのクラスに分けられます。

 

この中でG1に出走できるのは基本的にオープンクラスの馬です。

格式の高いレースに出走するには、毎レース1つずつ勝ち上がってオープンクラスに昇格する必要があります。

 

新馬・未勝利というのは、まだ1度も勝利していない馬が入るクラスです。

1勝クラスは、新馬・未勝利クラスで勝ち上がった馬の次のクラス。

 

2勝クラスは、1勝クラスを勝ち上がった馬のクラスです。

3勝クラスも同様になります。

 

3勝クラスで勝ち上がった馬は、オープンクラスに昇格出来る為、昇格してしまえば、基本的に下のクラスのレース以外全て出走出来るのです。

このように競馬ではクラスというものがあり、これにより実力が近い馬どうしで競走出来ます。

 

そしてクラスとは別で条件というのもあるのです。

牝馬限定戦・ハンデ戦・2歳限定・3歳限定・4歳以上限定など色々あります。

 

牝馬限定戦なら牝馬しか出走出来ないということ。

そしてこの条件というのは基本的に馬に対してのものです。

 

性別や年齢などで出走に制限があるのを条件という風に認識して頂ければ大丈夫でしょう!

 

まとめ

競馬のマイルとは何メートル?距離別に代表的な競走馬一覧もご紹介!

 

いかがでしたでしょうか?

今回は、競馬のマイルとは何メートル?距離別に代表的な競走馬一覧もご紹介ということで、主にマイルについてご紹介させて頂きました。

 

距離についての知識が深まったのではないでしょうか?

そして競馬には沢山の要素が存在します。

 

これらの要素はバランス良く、自分に吸収するようにすることで、今後の予想精度の向上が見込めるでしょう。

是非みなさんも、今回ご紹介した内容を少しでも覚えて頂ければと思います。

 

そして今後の競馬のお役に立てていただければ幸いです!

ということで今回は、主にマイル(歴代最強マイラー、距離別の代表馬、条件)についてのご紹介でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。