中京競馬場の特徴とは?芝・ダートコース別の特徴と傾向を徹底解説!

中京競馬場の特徴とは?芝・ダートコース別の特徴と傾向を徹底解説!

 

東京競馬場や京都競馬場というとなんとなくですがどの場所にあるか分かりますよね。

では中京競馬場はどうでしょうか?

 

中京だから真ん中あたりかな…と考える方もいると思います。

ですが、正確な場所となると中々パッと出てこないですよね。

 

そんな中京競馬場の場所はというと、愛知県豊明市にあります。

中京競馬場は2012年3月に改修工事が終了しリニューアルされ、かなり大きい競馬場へと進化を遂げました。

 

中京競馬場は中央競馬の中でも数少ない左回りのコースとなっています。

 

現在の左回りコースは、

  • 東京競馬場
  • 中京競馬場
  • 新潟競馬場

の3つのみでその他の競馬場は全て右回りコースとして設定されています。

 

そして中京競馬場ではG1競走も年2回組まれており、春のスプリント王決定戦の高松宮記念と秋のダート王決定戦のチャンピオンズカップが開催される事でも有名です。

そんな中京競馬場の特徴や傾向などみなさん気になっていると思います。

 

ということで今回は、中京競馬場の特徴とは?芝・ダートコース別の特徴と傾向を徹底解説していきたいと思います!

 

中京競馬場の最大の特徴とは?主な重賞レースと配当傾向をご紹介!

中京競馬場の特徴とは?芝・ダートコース別の特徴と傾向を徹底解説!

 

中京競馬場の最大の特徴をご存知でしょうか?

中京競馬場はリニューアル後、大きい競馬場へと生まれ変わりました。

 

そんな中京競馬場の直線は、412.5mと長い上に急激な坂があります。

その為、スピードも大切ではありますが、何よりもパワーを必要とする競馬場になっています。

 

ある程度のスピード・スタミナがあり、なおかつ長い直線・急な上り坂をこなすパワーを兼ね備えている馬が好走する傾向にあります。

ですのでディープインパクト産駒などのスピード重視血統よりも、スタミナ、パワー重視の血統の競走馬の方が好走しやすいです。

 

もちろん東京競馬場のようなコースではあるので、ディープインパクト産駒でも十分好走の余地はあります。

血統面で注目して頂く場合は特に人気薄の馬に目を向けてみましょう!

 

中京競馬場の主な重賞レースと配当傾向

 

中京競馬場ではG1競走が2つある他、様々な重賞競走が組まれています。

 

・高松宮記念(G1) 4歳以上 芝1200m
春のスプリント王決定戦とも言われるレースで、日本トップのスプリンターが毎年集います。そのレース展開の速さには驚きの一言です。

・チャンピオンズカップ(G1) 3歳以上 ダート1800m
秋のダート王決定戦のレースで、短距離ダート馬、中距離ダート馬、中長距離ダート馬など各路線のダート馬が集結し大変見応えあるレースになります。

・金鯱賞(G2) 4歳以上 芝2000m

・中京記念(G3) 3歳以上 芝1800m

などが中京競馬場での有名なレースになります。

 

そんな中京競馬場の配当傾向ですが、東京競馬場などの実力がしっかりと反映されるような競馬場とは違い、やや波乱な結果になる傾向です。

その理由ですが、やはり何よりもパワーを必要とするコースで、スピードがある馬では直線思うように伸びないというところがあるからでしょう。

 

そして長い下り坂から直線は急坂を登ることになるので、パワー+持久力というのがとても大切になります。

ですが、追い込み馬が強いかと言われるとそうではありません。

 

距離ロスなく好位でレースを運んだ馬がかなり好走しやすい競馬場になっている上、1度のミスの取り返しがつきづらいコースになっています。

 

中京競馬場で狙いやすいタイプの馬は?

 

では中京競馬場で狙いやすい馬はどんな馬か気になりますよね。

ここまでスピードよりもパワー、持久力とご紹介してきました。

 

そして距離ロスなく好位でレースを運べる馬が好走しやすいともご紹介しました。

これらを組み合わせると、パワー・持久力に特化しておりなおかつ距離ロスなく好位で運ぶ馬ということに絞られましたね。

 

そして距離ロスなく好位で運ぶ馬と言われても中々難しいと思います。

ですが、簡単に見分ける方法があるのでご紹介していきます。

 

それは、外枠かどうか?という事です。

外枠というのは中京競馬場でも特に苦戦を強いられます。

 

何故かというと、パワー・持久力が大事と説明しましたが、外枠になると最初から最後まで基本的に外を走る事になり、内枠の馬と比較すると、かなり距離ロスがあることになります。

その為、ただでさえ力を温存した方が良い競馬場なのに、外枠の時点でそれが難しくなってしまうからなんです。

 

もちろん外枠だから絶対来ないという事は無いですが、間違いなく内枠よりも不利な傾向にあるのは確かです。

という事で中京競馬場では、パワー・持久力を兼ね備えた馬、かつ外枠よりも内よりの枠で、先行・差しを得意とする馬から狙うと比較的良いと思います!

 

中京競馬場【芝コース】の特徴を徹底解説!距離別コースの特徴は?

中京競馬場の特徴とは?芝・ダートコース別の特徴と傾向を徹底解説!

 

中京競馬場全体の特徴はお分かり頂けたと思います。

ここからは距離別コースについての特徴を各距離毎にご紹介致します。

 

中京競馬場の芝コースで設定されている距離は、1200m・1300m・1400m・1600m・2000m・2200m・3000mの7種類です。

このうち、1300mのレースは過去に組まれておらず、3000mに関しては京都競馬場改修工事での代替で組まれたものなので除外とします。

 

中京競馬場芝1200m・1400mの特徴

 

中京競馬場芝1200mの特徴は、内枠が有利な傾向にあり、逃げ馬の3連対率が約40%あり、内枠逃げ馬がかなり有利な傾向です。

中京競馬場芝1400mの特徴は、内外そこまで大きく変わらないですが、こちらも逃げ馬が好走しやすく、勝率も1200mより高い結果となっています。

 

このように中京競馬場の芝1200m・1400mという短距離レースでは逃げ馬が圧倒的まではいかなくとも有利であると分かります。

 

中京競馬場芝1600m・2000m・2200mの特徴

 

中京競馬場芝1600mの特徴は、やや外枠が有利な傾向で先行馬の好走率が高いです。

中京競馬場芝2000mの特徴は、内外大きくは変わらず、逃げ馬の好走率が高い(3連対率約40%)です。

 

中京競馬場芝2200mの特徴は、やや外枠が有利ですが、逃げ馬の好走率も比較的高い結果になっています。

このことから中京競馬場全体を通して芝コースのレースでは逃げ馬が非常に有利な為、好走しやすい事が分かりました。

 

そして比較的内枠が有利ですが、外枠でも好走できるパターンもあります。

他の競馬場に比べるとかなり該当馬を絞りやすい為、比較的予想しやすい競馬場であると言えるでしょう!

 

中京競馬場【ダートコース】の特徴を徹底解説!距離別コースの特徴は?

中京競馬場の特徴とは?芝・ダートコース別の特徴と傾向を徹底解説!

 

これで中京競馬場の芝コースは完璧ですね。

ではダートコースも全て把握してしまえば、中京競馬場をマスターしたと言って良いでしょう。

 

ということでここからは、中京競馬場のダートコースの距離別の特徴をご紹介していきます。

中京競馬場のダートコースで設定されている距離は、1200m・1400m・1800m・1900m・2500mの5種類です。

 

このうち2500mは2012年に1度行われただけですので除外とします。

 

中京競馬場ダート1200m・1400mの特徴

 

中京競馬場ダート1200mの特徴は、内枠が好走しやすく、逃げ馬の3連対率は脅威の50%を超えているという所です。

中京競馬場ダート1400mの特徴は、1200mと同じく内枠が好走しやすく、逃げ馬の好走がかなり目立ちます。

 

このように芝コースと同様、ダートコースでも逃げ馬がかなり好走しやすい傾向にあり、1200mでは逃げ馬の3連対率が驚異の50%オーバー、これは相当信頼信頼出来る数字ですね!

 

中京競馬場ダート1800m・1900mの特徴

 

中京競馬場ダート1800mの特徴は、内枠が短距離と同じで内枠そして逃げ馬が有利な傾向があります。

中京競馬場ダート1900mの特徴は、内外では大差ないものの、やはり逃げ馬がかなり有利な傾向です。

 

このことから中京競馬場では芝・ダートコースそして距離もほぼ関係なく、障害レースを除く全てのレースで内枠そして逃げ馬が大変有利な傾向にあるという事が分かりました。

ここまで逃げ馬が有利な競馬場というのは他にあまりないと思います。

 

何故中京競馬場は逃げ馬が有利なのでしょうか?

その理由は、恐らくですが最初にご説明した通りパワー・持久力が求められることです。

 

そして直線の急坂により、一気の差し切り、追い込みというのも中々難しい為、後続同士で競り合って力を削っている間、逃げ馬は序盤からマイペースで他馬に惑わされる事なく、直線もセーフティーリードがあるので、粘り込みやすいからでしょう!

 

まとめ

中京競馬場の特徴とは?芝・ダートコース別の特徴と傾向を徹底解説!

 

東京競馬場に続き、今回は中京競馬場の特徴とは?芝・ダートコース別の特徴と傾向を徹底解説!ということで詳しくご紹介させて頂きました。

いかがでしたでしょうか?他の競馬場にはない傾向が沢山ありましたね。

 

全てのコースを通してここまで逃げ馬の3連対率が高い競馬場は他に中々ないと思います。

ですがこれはあくまでも傾向でのお話ですので、逃げ馬が好走出来ない事も多々あるので、逃げ馬だからといって過度な信頼をしてしまうのにはご注意ください。

 

そして逃げ馬でなくても、内枠や距離ロスなくレースを進めた先行馬・差し馬の好走も多くありますので臨機応変な予想が大切になります。

馬券購入の理想は、中京競馬場の特徴、傾向を把握して頂けた方はすんなり分かると思いますが、他の競馬場に比べかなり該当馬を絞りやすいです。

 

その為、3連複や3連単でも軸馬がかなり決めやすいので、普段ハイリスクである馬券式別であっても購入しやすいイメージがあります。

多少、夢を見て3連系で相手に人気薄を絡める買い方など大変面白いです。

 

堅実な方でしたら、普段よりも単勝・複勝の信頼度が上がる為、より一層、点数を絞って購入出来る他、1点を厚く買うなどの購入の仕方も出来る為、リターンが大きくなりやすいです。

リターンが大きい、波乱な結果になりやすい競馬場であるとはいえ、必ずしも高配当・超高配当馬券が出るわけではありません。

 

あくまでも波乱が分かりやすい傾向にあるという事を忘れずにお願い致します。

中京競馬場は馬券購入でもレース展開でも凄く面白いですので、中京競馬場開催時は是非、積極的に予想し購入してみて下さい。

 

ということで中京競馬場の芝コース・ダートコースそして距離別の傾向が完璧に頭に入ったと思います。

これでみなさんはもう立派な中京競馬場マスターの仲間入りです。

 

是非、今回ご紹介した内容を頭の片隅に入れておいて、予想の参考にして頂ければと思います!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。